読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テクノロジーと法律の覚書

地方公務員のこーぼくがテクノロジーや法律について勉強したことを書きます

『人工知能は人間を超えるか』を読みました

人工知能は人間を超えるか』を読みました。

ビジネス書の浅い記述じゃ物足りない、でもガチガチの専門書は難しくてわからないという方におすすめです。

ビジネス書みたいな技術的背景の記載のない結論だけの浅い記述ではなく、かといって数式バリバリ使うような専門的な内容までは立ち入らず、技術的な話は触りだけ、という門外漢にはちょうどいい感じでした。

現状の人工知能は多くの人の考える人工知能ではない、ということが1番ためになりましたね。

今、世間では人工知能という言葉だけが独り歩きして、技術の内容が何もわかっていないのに、人工知能の危険性だったりについて語る人が多いように感じます。

人工知能、つまり機械学習であったり深層学習という技術は、多かれ少なかれ大多数の人が利用するようになると思います。

それを利用するため、一般人が知っておくべきミニマムの知識が示された本であると感じました。